最新の投稿

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

負担は少ない

運動する

自転車にも保険が存在することをご存知ですか。
自分が事故によって怪我をしてしまった場合と、自分が相手に怪我を負わせてしまった場合の損害賠償の両方に対応しています。
他人に怪我を負わせてしまった場合、最悪のケースですと、相手が死亡するといったことも起こりえます。
数々の前例があり、年間で5人程度はこの事故によって亡くなっています。
相手を死亡させてしまった場合、多額の賠償金を支払うことになります。
死亡させてしまわなくても、後遺症の残る怪我を負わせてしまった場合や、長期入院を必要とする怪我を負わせてしまった場合にも、多額の賠償金を支払わなければなりません。
毎日の通学、通勤で乗っている方が多い乗り物ですから、自動車だけでなく、自転車の保険にも加入していないと、もしもの事があった場合に対応することが難しくなります。
また、自動車保険とは違って費用も安く、月々の支払が存在しないものもあるので、負担は少なく加入することが出来ます。

ネットで相談

では、実際に加入するとなると、どれに加入するべきなのかわからないといった方も多いと思われます。
相談窓口がネットに多くあるので、そちらを利用するのがオススメです。
死亡事故の前例を挙げると、「成人男性が交差点を信号無視して60代女性をひいてしまい、その女性を死亡させてしまった」
というものがあります。
この場合の賠償額は5400万円です。
とてもではありませんが、一般の成人が一度に払えるような金額ではありません。
たった一度の不注意で人生を棒に振ることになるのです。
こうならないために、個人賠償責任特約が1億円のものが存在します。
これならば、多額の賠償額は賄うことが出来ますし、相手方にも納得の行く取引が行えるでしょう。
ですがこの個人損害倍賞特約は他のものですでに加入している可能性があります。
その場合は賠償金特約を二重に持つことになりますので、意味がありません。
すでに加入している保険をよく確かめてから、ネットで相談をするようにしましょう。

オススメリンク

自転車で出かける

適切な保険を

保証内容によって適切に自分に合ったものにできるのが保険です。
その内容や使用状況によって申し込むグレードなども大きく変容します。
具体的には、自転車にかけるタイプのものであっても、サポートや特約によって内容や料金が大きRead more

関連リンク